クレジットカードのショッピング枠を自分自身で現金化する方法とその注意点をお教えします

投稿者: | 2021年12月23日

クレジットカードを使った現金を調達する方法として有名なのがキャッシングです。

ただし、このキャッシングというのは誰でも利用できるものではありません。

クレジットカード会社が返済能力があると認めた人にしかキャッシングサービスを利用させてはくれません。

返済能力がないと判断されたら、キャッシングサービスに申し込みをしても審査で落とされてしまいます。

ですが、仮にキャッシングサービスの申し込みをしても審査で落ちた場合でも安心して下さい。

クレジットカード現金化という方法ならば現金を調達できます。

しかも、自分自身で簡単に行うことができます。

クレジットカード現金化のやり方

クレジットカード現金化のやり方としてはクレジットカード現金化業者を使うというのが有名ですが、この業者を使わない方法でもクレジットカードのショッピング枠を現金化することは十分に可能です。

クレジットカードのショッピング枠は利用限度額の範囲内ならば審査なく自由に使うことができます。

ショッピング枠を現金化するというのはショッピング枠で買うことができる商品を質屋やリサイクルショップなどの実店舗で売ることで現金化するという流れになりますので、クレジットカード現金化業者を使わなくてもできます。

ただし、その場合には気を付けておくこともあります。

その注意点はこれから挙げていきますので、その注意点も覚えておきましょう。

自分自身で行うクレジットカード現金化業者の注意点

自分自身でクレジットカード現金化を行う場合の注意点としては、まずは換金性に優れている商品をリサーチが必要となります。

購入する商品は何でも良いというわけにはいきません。

購入した商品を売って現金化するわけですので、売れやすくかつ高く売れるといった換金性に優れている商品に絞る必要があります。
それに該当するのが、高級ブランド品です。

バッグや財布などの高級ブランド品の場合には需要が高くかつ高く売れるので、クレジットカード現金化の場合には最適です。

またもう1つの注意点は、クレジットカード会社に現金化目的で利用していることがばれてしまうと今後クレジットカードの利用ができなくなってしまうリスクがある点です。

これはクレジットカードを現金化目的で利用するのをクレジットカード会社では利用規約によって禁止をしているため、その利用規約に抵触すればクレジットカードを利用できなくなる恐れが高まります。

そのため短期間での高級ブランド品だけをクレジットカードで購入するというのは避けた方が良いです。

これをしてしまうとクレジットカード会社側が現金化目的でのクレジットカードを利用しているのではないかと疑います。

クレジットカード現金化自体はクレジットカード現金化業者を使わなくてもショッピング枠を現金化することは可能です。

キャッシングのように審査もないので気軽に利用することができます。

ただし、クレジットカード現金化にも注意点があります。

換金性に優れている商品を購入することや短期間でクレジットカード現金化をするとクレジットカード会社側が現金化目的でクレジットカードを利用していると疑いますので、もしその行為がばれると今後クレジットカードが利用できなくなることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です