業者を使わないクレジットカード現金化には換金率が高くなり騙されないなどのメリットがある

投稿者: | 2021年10月26日

クレジットカード現金化は、業者を通してする方法と、業者を通さないで自分でする方法があります。

クレジットカード現金化を自分でするとどのようなメリットがあるのでしょうか。

クレジットカード現金化は業者を使わないですることもできます。
何が違うのでしょうか。

換金率が高くなる

クレジットカード現金化を業者を使わないですると、換金率が高くなります。

業者を通せば必ず業者側の利益が発生するようになっているため、実際の換金率より少し低くなります。

その他定数料名義で想定外のお金がかかっていたり、結果的に換金率が低くなってしまったように感じやすいです。

自分でクレジットカード現金化できれば、業者の利益が無くなりますので、換金したその分手元に入ります。

業者側に騙されない

クレジットカード現金化の業者には、高額な手数料を取ったり、商品を買わせてそのまま逃げたり、個人情報を奪われ他の業者に売られたりなど、リスクが伴います。

わからないことを逆手に取ったり、お金がない困っている気持ちを巧みに利用しながらだましてくる業者もいます。

クレジットカード現金化を自分ですれば、このような業者をとおしたトラブルはすべて回避できるようになります。

うまく行けばプレミアの分利益が増える

高額な商品を売って現金化する方法もありますが、目利きがあり分野に詳しい人は商品自体にプレミアがつくようなものを選べば、その分自分の利益になることがあります。

クレジットカード現金化の業者を通せば業者指定の商品を購入する流れとなりますので、商品の選定はできません。

自分でクレジットカード現金化できれば商品をうまく選んで得することがあります。

クレジットカード現金化は業者を通さなくてもできます。

業者を使わないと、換金率が高くなる、騙されることがない、うまく行けばプレミア商品の分利益になることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です